食農教育とは?
現在、「食」の外部化・簡素化・多様化が進み、食をめぐる環境は急激に変化してきています。しかし、利便性を追求するあまり、脂質の過剰摂取、野菜不足など、食生活にバランスを欠き特に子どもたちの食生活が乱れ、生活習慣病や肥満の増加・低年齢化が顕著になっています。こうした状況を背景に、JA下関では、食に関する様々な体験活動を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践できる人間をはぐくむ「食農教育」への取り組みを行っています。
健全な食生活を実践できる人間を育む

食農教育教材紹介
JA下関食農教育活動報告
新着情報・お知らせ